2011年01月07日

大阪市消防出初式 /4


ここからは訓練展示です。
さっそく消防車が入ってきました。


向こうに見える張りぼて…じゃなく、建物が燃えている想定のようです。
放水が行われています。


要救助者がいました。
手を振っています。


勇敢にも隊員が突入します。


無事救助されました。


次の状況開始。
海に落ちて溺れている人がいる模様です。
救難指揮車の上から指揮がとられます。


ジェットスキーが近づいてきました。
そういえばこの溺れる役の人、ずいぶん前からこの寒い海に浮かんでいたような…


救難艇が近づいてきました。



ヘリや消防艇と連携しての救難活動ということです。


何だかよくわかりませんが、車の横で人が倒れてます。


化学物質か何かで汚染されている想定のようです。
救護隊も物凄い恰好をしています。


テントのようなものは除染のための設備ということです。


なんとか救助完了です。


また人が倒れています。
車から脱出できない想定のようです。
バイクによる偵察が行われています。


偵察隊から報告です。
実際には無線を使うだろうとは思いますが。


レスキュー隊が車を壊しての救助活動に入ります。


こちらに車が停まってしまい何も見えなくなってしまいましたが、上のクレーンが動いて車の屋根を取り外していたようです。


ふと見るとヘリがすぐ近くに来ていました。


慌てて撮ったら木の枝にピントが合ってしまい何が何だかわかりませんが、ラペリング降下中です。


何をやっているのかよくわかりませんでしたが、壁を乗り越える訓練でしょうか。


これはいったい何でしょうか。
グレネードランチャーじゃないとは思いますが。


またピントがおかしくて何が何だかですが、O's棟の上からのラペリング降下です。



 スポンサード リンク
posted by lasta at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市消防出初式 /3


車両の次は徒歩によるパレードです。
先頭にいるのは・・・


レスキューフォースとレスキューファイアーです。


その後に広報用の小型消防車に乗って、消防広報に貢献があった子供たちがやってきました。


オリックスバファローズの大引選手と、セレッソ大阪の森島アンバサダーと、丸橋選手です。
どちらも大阪市を本拠地とするチームです。


消防に協力する市民の皆さんということで続々と入ってきます。


自衛消防隊。工場などの大きな事業所で組織されてる消防組織なので、ここの皆さんの服装は作業服だったり警備服だったりです。



大阪市が保有する帆船「あこがれ」が入ってきました。
登檣礼という滅多に見ることができない、帆船では最高の礼式とされる儀礼での入場です。



市民の皆さんに引き続き、ここからは本物の消防士です。
先頭は盾に澪標を描いた大阪市消防局の旗。



各消防署の旗・・・のはずです。


隊員の皆さんが入ってきました。
これだけ思い切り手を振っての行進も珍しい気がします。


救急隊のみなさん。


レスキューのみなさんです。


そんなこんなで入場も一段落。
これからは式典です。


このあたりの流れは陸自の観閲式と何も変わりません。
お偉いさんの話が異様に長いのは式の性質上仕方無いとしても、来賓の祝辞はいい加減にしろと思うのも同じです。


観閲でよくある整列した部隊の前をオープンカーで通り過ぎるというやつですが、広場の広さや道順の関係で、一旦退場してから、かなり時間を空けてまた入場するというまわりくどいことをやってました。


寒さと戦ってるうちにやっと終わってくれました。



 スポンサード リンク
posted by lasta at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。