2012年02月10日

まどか☆マギカ展 大阪ATC /3


さやかちゃんです。
彼女の純粋な気持ち、そしてその気持ちのすれ違いが産む悲劇が中盤で描かれます。


音楽、そしてバイオリン。
彼女が愛したもの…。


この紋章はエルザマリアですね。


この魔女との戦いは、彼女が壊れていく様の象徴と言っていいような後味の悪い戦いでした。


その先に等身大フィギュアです。


出来そのものは決して悪くないんですが、シーツみたいな幕1枚のセットはさすがにどうかと……。
マミさんの作りが良かっただけに落差を感じてしまうのは否めません。


その先が杏子ちゃん。
壊れていくさやかちゃんと、彼女を救おうともがく杏子を描くのがまどか☆マギカの中盤です。


反対側は例によってパネル展示です。


リンゴだ。


オクタヴィア…
彼女を救うべく杏子の最後の戦いが始まります。


等身大フィギュアです。
背景はパネルだけですが、雰囲気は出てますね。


この二人の悲劇に区切りがつくとともに、ストーリーは怒涛のラストへと向かっていくのです。

 スポンサード リンク
posted by lasta at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251619689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。