2009年09月23日

巨大アヒル



最近一部で話題になっている巨大アヒルを見に行ってきました。
場所は八軒家船着場…と言ってもどこにあるかピンときませんが、京阪天満橋駅のすぐ横です。


ここは水上バスなどの観光用水上クルーズ船の船着場です。
こういうものは地元の人間には意外と縁遠いもので、機会があれば乗ってみたいと思いつつ、いまだに乗ったことがありません。


アヒル様近影


周りの人と比較して見るといかに大きいかよくわかります。
家族連れが子供に向かって「かわいいねー」と言ってましたが、この大きさを「かわいい」と言っていいのかどうか私にはわかりません。


「江戸時代、八軒家には三十石船をはじめ野崎詣・金毘羅参などのさまざまな船が発着し…」と、この場所の由来が書いてあります。
江戸時代の人も数百年後に巨大アヒルが来るとは想像だにできなかったことでしょう。


「このフローティングダックは政治的意味合いで分割される国境など、この世に存在しないことを知っています」だそうです。
そしてその目線の先には…


教会が…
宗教も国境も無い世界を想像してごらんということでしょうか(絶対に違うだろう)


水に親しむイベントの一環のドラゴンボートです。
どこがドラゴンなんだと思ってよく見ると頭と尻尾が付いてます。


帰り際に天満橋の上からもう1枚。
何と言いますか、シュールな光景というしかないです。

 スポンサード リンク
posted by lasta at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。